about

  
南と北 山と海 都会と田舎
どこにでもある日常は、私の境界線を解くものであった。

日々に零れ落ちるちいさなかけらを掬う。

個と世界、自然と人、寂しげなあなたと私
拾えきれないほどの日常美と、それでも常にある隣合わせの絶望
すべての境界を解放し、ひとつであると証明する。

そうありたくともあれない日の翳りも、拭いきれぬ孤独も
時に受け止め、嘆きながら
ただそばに、私はそばにいる。

私は、暮らしを唄う。
波打ち、静かに続く暮らしを。

North and South. Mountains and the Sea. City, and Countryside.

What gets the loneliness inside myself untangled was, in the ordinary, everyday life. 

I scoop “the tiny pieces” overflowing in our days.

I prove that everything can be “one” breaking free from the boundaries between individual and public world, human and nature, you and me, a brimming amount of beauty and the despair always next to it.

Sometimes I cannot be like I want to be.

Sometimes I take but grieve over the shades and loneliness behind me, but still I just be with “you”. I just be here.

I sing of everyday life, a petite life.

hana yamashita

2000年生まれ。熊本県出身。
2019年 大阪大学法学部国際公共政策学科入学。

2020年より写真生活家として活動することを志し、依頼での収入の傍ら作品制作を開始。

2021年に大学を休学。アドレスホッパーとして日本中を旅し、「旅と日常と孤独」をテーマに地域密着型のドキュメンタリーを制作。


その土地の生活を作る(食卓を囲むこと、掃除や洗濯など当たり前の生活の徹底を体現する)こと
それによってその場所に起こる暮らしの変化までを含めて作品制作とする。

2021年6月には兵庫県西宮市にて初の個展を開催した。

同年より写真家のヤノヨシタカ、堀江美佳、池本喜巳氏に師事。

Past Exhibition

2021/06/12.13

Gallery komorebi, Nishinomiya, Hyogo